FXの外貨ペア選びは何を基準に選ぶ?

FXでは外貨をペアにして売買します。売買差額や金利差益のスワップポイントでも、どちらでもペアを作るというのが基本です。日本円とアメリカドルや、オーストラリアドルなどの他にも、日本円を利用せず、アメリカドルとユーロなど、外貨同士を組み合わせることもできます。


FXは情報が命といわれることも

日本円も含めた、国の通貨の価値というのは、近隣国や、干渉の強い国で何かあっても、為替相場に影響します。そのため、例えば輸出入などで日本が関連の深い国で大きな事件や事故が起きた場合、日本円にも影響を及ぼすということです。この関連性や政治の関係、ニュースなどから相場を予想するものが、FXの予想分析にあるファンダメンタル分析というものです。初心者にはファンダメンタル分析が難しいというのも、外貨を所有していない国の情勢もかかわるせいです。


流通量の多い通貨、公用語として通じる英語

そのため流通量が多いほど、その国の通貨の情報はたくさん入ってくるためにおすすめといえます。これはたくさんの人が注目する、研究をするだろう、という母体数からの判断ですが、知られていないものよりも、有名なもののほうが情報量は充実することは事実、あることでしょう。また、情報の発表はやはり使われることの多い英語での情報も多いそうです。

This entry was posted in FX 初心者 おすすめ. Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post. Both comments and trackbacks are currently closed.