FXの買いもどしについて学ぼう

FXではトレードが、売買でセットになっています。売った通貨は必ず買い、買った通貨は絶対に売ります。売ったまま、買ったまま、というトレードのない投資なのです。これは株式投資と大きな違いにもなっているそうです。FX特有の売買がセットになった投資では、タイミングを逃さないでいいそうです。


FXで耳にする買いもどし

FX初心者であっても、FXトレードに関する本やインターネット記事などを見ると、売りから入る、買い戻すという単語を目にしたことがあるかと思います。この法則は知っておくと、外貨為替の価値が高いときでもトレードで損をする可能性が低くなるかもしれないと言われるそうです。持っていない通貨をまず売るという法則はどうなっているのかをご紹介します。


借りて売る、かえすときも同じ通貨で返す

売りから、はその通貨を借りて売りに出すということです。この方法では高い通貨を売って、価値が下がってから買うということになります。日本円10万円分で考えてみましょう。アメリカドル1ドルが130円のときに買うのと、100円のときでは100円のほうが10万円ではドルはたくさん買えますよね。この差額を利益にすることを買いもどしというのです。外貨の価値が非常に高いときにおすすめのトレード方法といえるそうです。

This entry was posted in FX 初心者 おすすめ. Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post. Both comments and trackbacks are currently closed.