FXを長期トレードして金利差益を得よう

FXでは長期トレードを行うと、金利の差額を利益として受け取ることができます。初心者は外貨為替を安く買い、高く売るという売買差益に目を向けてしまうことが多いそうですが、長期トレードを行うことで売買差益の他にも利益が出ると、トレードに慣れたらおすすめなんだそうです。


FXはニューヨーク市場を超すことで金利が生まれる

FXではニューヨーク市場を一日の締めくくりの市場としています。この市場を持ち越すと、金利(スワップポイント)がつくのです。差額そのものは数百円くらいなのだそうですが、ロールオーバーを続ける限りは毎日、金利は付き続けますから、長期間トレードを行うことで、2つめの利益を望むことのできる可能性もあるといわれています。


金利は国によってルールが変わる

ドルのように世界中に流通している通貨をメジャー通貨、流通量の少ない通貨をマイナー通貨というのですが、中にはマイナー通貨にはその国が独自に決めたルールが存在する可能性もあります。中国の通貨は2種類ありますが、うち1種類は、中国が独自にロールオーバーを行うと、お金を支払わなくてはいけないものがあるそうです。これは相場や為替の動きではなく、国が別の国に自国の通貨を流通させすぎないことを目的としているそうです。

This entry was posted in FX 初心者 おすすめ. Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post. Both comments and trackbacks are currently closed.